ECCオンライン英会話のすすめ

ECCオンライン英会話のメリット3 独自教材と指導メソッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ECCオンライン英会話のメリット3 指導メソッド

オンライン英会話は、マンツーマンで英語を教わることが出来るので、グループレッスンよりも、早く上達することが多いですが、講師の指導力もレベルアップに大きな影響があります。

キャリアアップや転職を目指している人であれば、質の高い講師がいる英会話教室を選択することは大切になってきますが、ECCオンライン英会話は、今までに蓄積された英会話教授方法のノウハウを講師に指導してありますので、教え方が上手で、生徒の英語力上達も早いです。

ECCオンライン英会話の教材は全て自社で開発しており、自分の言葉で話す力をつけることを目指した内容になっています。もちろん最初の頃は言葉の意味も理解できないことが多いと思いますので、喋ることは難しいでしょうが、レベルに合わせて自然と英語が話せるような構成になっているので安心です。

実践的な英会話を目指しているのであれば、その表現やカジュアルな言葉などもたくさん使うようになっています。英語を使った職場への転職希望の人は、いかに使える英語を学ぶかが大事になってきます。学校で習うような教科書の英語は、実際のビジネスの現場では使わなかったり、変な言い回しと感じることもあるので、より実践的な会話を求めている人にはおすすめです。

もうひとつ、英会話を習う上で大切なポイントとして、適切なレベルの授業を受ける。ことがあげられます。ECCオンライン英会話は初心者レベルから上級者まで6つのレベルに分けており、自分のレベルに合わせた授業を受けることで、早く英語力を伸ばすことが出来ます。

中学生レベルの英語でも順番にレベルを上げていくことで、自然と英語が上達するができ、レベルが上がるごとに自分の英語力が上達していることも実感できるのでモチベーションの持続にも役立つでしょう。

転職活動において、英語の資格や試験のスコアを履歴書に記入できることは、大きなアピールポイントになります。第三者機関による試験や資格は採用する側にとって何よりも分かりやすい指標になりますので、積極的に情報収集を行い、受験することをおすすめします。

転職において、日本の企業で英語力の指標として評価されるのは、TOEICが1番でしょう。一番馴染みがあり、英語の能力全てが、バランスよく評価できる試験として認知されています。日本においてTOEICは、英語力を示す指標として最も多く用いられますし、実際に企業などでも、TOEICの点数を基準として人事考課等を行っている企業もあります。このように日本で最も知名度の高いTOEIC試験にも有効なのがECCオンライン英会話の教材です。

ECCオンライン英会話の教材は、TOEICレベルも意識して作られており、例えばTOEIC350点以下の人はレベル1、500点以下の人はレベル2という風に、ECCオンライン英会話の教材を進めていくと、自然とTOEICレベルも上がる内容になっています。

現在多くのオンライン英会話サービスがあり、生徒にとっては多くの選択肢があるので、良い面もありますが、どのサービスを選べた良いか迷うこともあるでしょう。ECCオンライン英会話は、長年英語教育に取り組んできたECCの英語教授メソッドにより、質の高い授業を構築し、使える英会話を覚えたいという人にはぴったりです。