転職に必要な英会話スキル

転職に英会話が効果的な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職に英会話が効果的な理由

現在日本でも、転職活動は一般的な事として認知されつつありますが、実際に大手転職サイトの調べた結果によると、社会人全体の52.5%が過去に転職経験ありとなっています。また、年代でみると25歳~29歳では35.5%、30歳~34歳の人は59.9%が転職経験ありとなっています。

転職を検討したことがあるというのも含めると、社会人全体では77.5%の人が、25歳~29歳では68.4%の人、30歳~34歳では79.0%の人が転職した、または転職を検討したことがある。という統計になっています。

かつての日本では終身雇用が一般的で、転職をする人は少なかったため、転職する人への偏見や、難しさがありましたが、これほどまでに転職が一般的になった現在、企業側も中途採用を幅広く受け入れている会社が多くなっていますし、ヘッドハンティング等有能な人材を獲得する動きもあります。その際に転職希望者に必要とされるのが、即戦力としての能力です。

転職の環境は受け入れる企業側も整ってきていますが、転職において、うまくいく人とそうでない人の差はやはりあります。転職するにあたっては、入社した後の将来性を見られるというよりも、その人の経歴や、キャリア、能力等、会社に入ってすぐに仕事が出来るレベルにあるかどうかを判断されることが多いです。

転職活動において、有効的なPRは、前職での仕事の実績と、どのような技能を持っており、会社にどれほどメリットをもたらすかという点です。これらをイメージできるような人材であるかが、成功するか否かの大きなポイントになってきます。

転職をする目的は様々でしょうが、今よりも良い待遇を得たい、自分の能力を高めたい、という上昇志向を持っている人は、英語を学ぶことで、キャリアアップを実現してもらいたいです。大手転職サイト等には、転職して待遇が改善された。等、転職することで状況が良くなったという情報が多く書かれていますが、実際には、その逆の人も多いので注意も必要です。

転職先として外資系企業も常に人気が高いです。風通しの良い社風や、待遇が良いところも多いので、競争も熾烈となってきます。外資系で良いポジションに就くには当然英語力が必要ですし、管理職であれば、英語が喋れることよりも、英語を使って部下がマネージメントできるか、または英語を使って自分の意見を伝えられるか。という点が評価の基準になります。

外資系に限らず、日本の企業でも英語が出来るということは間違いなく高評価に繋がります。現在、国内市場だけを相手にしたビジネスというのは少なく、大手、中小企業に関わらず、海外への展開を考えていたたり、支社があったりすることは多いので、英語が使えるということは、それだけ可能性が広がることになります。

実際、転職において、必要とされるのは即戦力としての能力になりますので、英語はその能力が他人からも分かりやすく、英語が話せるというだけで、今まで英語が堪能な人がいないような会社でれば、好待遇で採用されることも多いです。

転職の際に、採用側は、応募者の幅広い能力を見ますので、過去の業務での実績や、持っているスキルは、多く持っている方が有利に働きます。その中でも英語はスキルとして強くアピールできるもので、グローバル社会といっても、日本はまだまだ英語が堪能な人は少なく、慢性的に人材が不足しているので、今までの業界での実績と合わせてアピールすることで、採用側への強いアピール材料となるでしょう。